top of page

生理痛よさようなら!|Yoshin通信:012

更新日:2023年10月10日


こんにちは


久々に白米のおにぎりを

お弁当に入れました


私の手のサイズは

普通の人より大きく

指よりもてのひらの方が大きく


その大きさにより

私がにぎるおにぎりは

普通より多分大きく

ボリューム満点になってしまいます


ちなみに海苔は

ベジタリアンが不足しがちな

ビタミンB12を含む

食材です


肉や魚には含まれるB12は

野菜や穀物には含まれず

海藻を上手に取り入れて

ベジだから故に陥りやすい状態を

フォローしていきましょう!


玄米菜食をしたことでいつの間にか生理痛がなくなりました

女性ならではの月経に関する悩みは

大きな声で言えないにしろ

よくある悩みですよね


厳格ではないにしろ

玄米菜食を始めてから

いつの間にか

生理痛がなくなっていました


預診自体

必ずこうだというものでは

ありませんけれど

あなたと大切なご家族の

美と健康管理のお役に立てていただけますと

嬉しいです❤


動物性の脂や乳製品をほとんど食べなくなった


なぜ生理痛がなくなったのかというと

その理由がわかるよう

数値を調べたものではありませんけれど

玄米菜食を始めるまでに

毎日、ほぼ毎食食べていた

肉や魚や卵や乳製品を

ほとんど食べなくなったことが大きく影響していると

感じています


私たちの身体の中で

食べ物の消化を担っている消化器官では

体内に取り込んだ食物を消化吸収し

必要のないものや毒となるものを

体外へ排出するルーチンを日々繰り返しています


玄米菜食中心の食事で

あまり食べなくなった動物性食品は特に

玄米菜食のメニューに比べ

油脂類の多い食品


油脂類の多い食品が

消化吸収され

排泄されるまでにかかる時間は長く


摂取する量によっても異なりますが

ベーコンや豚肉は4-5時間

バターに関しては12時間程


動物性食品に多いこれらの食物を

消化が終わる前に

次の食物を食べ始めていたという

過去の状態は


消化しきれなかったそれらの食物を

体内にため込んでいたという事でも


行き場をなくしたそれら(老廃物)は

本来、身体全体に栄養を運ぶ役割を担っている

血液や体液の中にも浸透していき

やがてその先にある臓器を

異常や機能低下へと導きます


陰陽両方の症状に


例えばその食物が

スイーツや果物

刺激の強いもの(香辛料、辛い物など)

アルコールや清涼飲料水

といった拡散性を持つ

陰陽でみるところの「極陰」な食物の場合

この場合の生理の特徴は以下のように


・月経血の濃度が薄い

・排出量が少ない

・その周期が短期間で終わる

・生理周期が通常より長い


焼肉や焼き魚

トンカツやから揚げ

ステーキやハンバーグ

卵や乳製品を使ったメニューなどの

動物性食品の場合は「極陽」な食物の場合


・月経血が濃い

・量が多い

・レバー状のかたまりが混じることがある

・臭いがある


前者の場合の生理痛はたいていが鈍痛に

後者の場合は痛みがはっきりしています


肉や魚や乳製品を控えたことで生理痛がなくなった


生理痛は血液の汚れによる症状でもあるため

血液の状態を悪くする食物の摂取を

控えたことにより

その副産物として

生理痛がなくなったと言えます


ちなみに私の生理痛は前者の鈍痛が多く

アルコールやチョコレート

アイスクリームやケーキやクッキーなどを

よく食べていたことに因ると

振り返っています


ちなみに

生理痛になった時の対処方法としては

原因となっている食物を控え

以下の食材をメニューに加えてみましょう!


------------------------------

前者(陰性の生理痛)の場合

------------------------------

昆布・ひじき・小豆・玄米・モチ粟

ごま塩・梅醤番茶


------------------------------

後者(陽性の生理痛)の場合

------------------------------

ゴボウ・蓮根・大根・ニラ・玉ねぎ・ニンジン・きゅうり・ネギ・小豆

黒豆の煮汁


生殖器の反射区でもある

足の踵をよくマッサージしたり

膝裏からふくらはぎにかけてもマッサージしてね!


メルマガ登録はこちらから


X(twitter)でも毎日配信しています↓


------------------------------

参考書籍:老廃物を流す「官足法」で治る!/カラダにやさしい自然の手当て法/田中愛子の望診法美人ごはん




閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page