top of page

ガスを我慢せずに、放出する方法とは?|Yoshin通信:055


腸内に1日にできるガスは平均1.5リットル

放出する回数は1日に平均10~15回

これらは食生活や健康状態、腸内環境

性別により異なる


------------------------------

そもそも、なぜ放出してしまうのか?

------------------------------

腸内のガスは

消化管内にできた気体で

管内を圧迫しないよう

肛門からそれらを放出する生理現象


その70%は

口から飲み込んだ空気

それに体内でできる気体が混ざる


飲み込んでしまった空気は

口からげっぷとして一部放出される


消化活動で見ると

胃で消化された食べ物が

十二指腸に渡された後

それらと胃酸の反応で

主に二酸化炭素が発生する


次に腸内で

消化中の食べ物が腸内細菌の働きにより

水素や二酸化炭素

硫化水素などのガスを発生する

このガスが臭いの原因に


大腸でつくられた便が

一時的に溜まっていく

直腸あたりでも

腸内細菌の働きにより

メタンガスが発生する場合もあり


------------------------------

最終的なガスの主な成分は?

------------------------------

・[無臭]二酸化炭素:34%

・[無臭]水素:34%

・[無臭]窒素:22%

・[無臭]酸素:3%

・[無臭]メタン:6%

・【有臭】ガス:1%


たった1%のガスの成分で

臭いが異なります


臭いの素となっているガスは

各々で異なる腸内細菌や

食べたモノにより異なります


食べ物に限って言うと

・トリプトファン

 チーズ、レバー、大豆に含まれる

 →便臭【スカトール・インドール】


・硫黄成分

 にんにく、たまねぎなどに含まれる

 →腐ったキャベツや玉ねぎ臭

【メタンチオール・硫化ジメチル】


・タンパク質+悪玉菌

 肉類など

 →腐った卵や温泉の硫黄臭【硫化水素】


・脂肪酸

 →腐ったバター臭【酪酸】


・トリメチルアミンオキシド

 魚介類

 →腐敗魚臭【トリメチルアミン】


ちなみに

食物繊維を分解する際にできるガスは

水素やメタンで無臭!


食物繊維を多く含む野菜や全粒穀物

海藻類を毎日食べる行為は

腸の調子を整えたり

排便を促すのみならず

ガスの臭いもクリーンに!


------------------------------

我慢するのは有害無益

------------------------------

臭いから、または公衆の面前という理由から

放出を我慢しすぎると

それらの一部は腸管から吸収され

血液中に溶け込み


全身を巡り始めます

肺を経由し呼気として放出

また皮膚から汗となり放出

体臭や口臭の原因にも


窒素や一部のガスは

腸管から吸収されず

腸内に停滞するため

膨満感や腹痛を引き起こす原因に

便秘やガスのさらなる発生

腸内の圧力が高まり様々な不腸に


生理現象の1つでもあるガスの放出ですけれど

・食べるモノとその量をしっかり選ぶこと

・食物繊維の摂取を意識すること

・我慢しすぎずにトイレにてしっかり放出すること

これが大事ですね!


ところで年末年始に

キャンペーンを再び計画中です

12/30(土)、1/6(土)

いずれかの朝、

ぜひ空けておいてくださいね


閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page