うなぎ上りとは?狂瀾怒濤も神様の贈り物 No019

「うなぎ上り」の意味をご存じですか?


うなぎは

激流の滝さえも上ってしまうらしく

「うなぎ上り」は

うなぎが川を上るがごとき勢いで

上昇していく様からきています


うなぎの国でもある日本に対して

最高峰に達しなさい!と

マクロビオティック創始者の故桜沢如一は

以下のようなことを著書の中に

残しています


’’陽あれば陰あり

陰あれば陽ありです

巨岩怪石あり

激流あり

瀑布ありでなくては

楽しい思い出もないわけです


敵が入り用なのです


― 中略 ―


敵こそ神様の最大の贈り物です

陰あれば陽あり

善人あれば必ず悪人あります

それでなくては無双原理は

ウソ原理であります’’


困難にもめげず

骨惜しみせずに尽くすこと


コロナウィルスに

右往左往しすぎずに

今ある環境で

負けずに前進し続けることの大切さを

教えてくれているのかもしれません


ノンクレドで行こう!

すべてを否定せずに妄信せずに


-------------------------------------------

~ 心身ともに元氣なことが、当たり前の世の中に ~

【預診らぼ】代表:青木

[hp] https://www.macrobi-yoshin.com

[blog] https://macrobilife.jimdofree.com

[twitter] https://twitter.com/macrobilife2

[insta] https://www.instagram.com/macrobiotiquelife

[YT] https://www.youtube.com/channel/UC2xslfoVlogEKkHjc_7kVpA

[FB] https://www.facebook.com/macrobilife

-------------------------------------------

参考書籍:人生を変える70のヒント

-------------------------------------------

6回の閲覧0件のコメント

ご登録ありがとうございました!

​メールマガジン登録フォーム