おたまじゃくしにない臓器とは?カエルに学ぶ体内事情:No.294


ご当地キャラをテーマにした

ペーパークラフト展

「さがのキャラフト展」が

3月4日~9日まで

佐賀市立図書館2階の

中央ギャラリーで始まったらしく

月曜休館で入場は無料


ペーパークラフトとは

1枚の紙から立体物を作るもの

佐賀県食育キャラクター「たべんばくん」をはじめ

66体を展示しているのだとか


佐賀県内だけでも

そんなにキャラクターが

あるのだなとあらためて


キャラクターと言えば

お米=黄金の国 日本では

どこに行っても

「かえる」を知らない人がいないほど

親しみのある生き物でも


かえるのキャラクターも

よく見かけますね


この「かえる」の大腸について

面白いお話が


身体の中で「水分」を吸収して

再利用する仕組みがあることは

以前のメルマガでも


み○無しでは生きられず!

体内リサイクル事情_No.276


腎臓は水分を濾過し

尿として排泄するものと

再利用する水に

分ける働きを持っていますが

「大腸」も

水分吸収に欠かせない臓器


その違いは

大腸で吸収した水分は

リンパ管を流れずに

静脈に流れ込み

直接心臓へと

運ばれる仕組みになっている点


その原理を利用した薬が

即効性を追求したお薬でもある「坐薬」

お尻から薬を入れることで

効きを早めています


大腸の存在自体が

生命活動に欠かせない「水」を

大事に扱っている体内事情でもあります


これは水から離れ

陸で暮らしている脊柱動物の特徴で


小さい頃

水の中で泳ぐ「おたまじゃくし」や魚たちは

体内に水分を保管するために

水分を吸収する必要がないため

「大腸」がないのだとか


「かえる」となり

陸上に上がることで初めて

体内に大腸ができます


このことから

私たちの身体の中も

生きるために必要なものが

揃っているという事が学べます


生まれた時に

五体不満足でない限り

生まれた後に何かの臓器を

作り足す必要がなく

バランスが良い状態で

生まれてきます


同様に

自然界が作り出した物は

それだけでとてもバランスが良く

「一物全体」ですね


食べる物も

そのバランスの良いまま

=なるべく粒のままのものを

そのまままるっと

いただきたいものでも


・ 気持ちはあるのに身体がついていかない時がある

・ 年齢とともに肌の衰えを感じ始めている

・ 日によって感情や体調の浮き沈みが激しいときがある

・ ここぞという時に限って体調不良になったり、肌が荒れたりする


という方におすすめ

------------------------------

早速いらしたお客さまの顔の様子から肝臓と心臓(循環)が悪いんだろうとあたりをつけて、施術を行いました。施術後は、顔の症状も薄らぎ目立たなくなり、プラス目がパッチリと。習ってよかったです!


更年期ケアNO1

笑顔とLOVEの応援団長

レディース整体宙sora

かっちゃん先生こと

梶克美さま

------------------------------

という嬉しい感想もいただきました❤

いつも見られているサロン運営者のための「預診入門」

閲覧数:5回
tako&uonomePR02.png
bihanaPR02.png
yoshinCKPR02.png

無料でもらえるシリーズはこちら

tako&uonomePR02.png
bihanaPR02.png
yoshinCKPR02.png
1_600.png