飲みたくなるのは無意識の選択?免疫とアルコールの関係:No299


自分の「こうなったら良いな」という思いとは

ちょっとずれておりますけれど

いつの間にか少しずつ

見ず知らずの方々に

共感してもらえている事が

増えたような気がいたします


あれもしなくちゃ

これもしておこうと

必死に動いていると

1日があっという間に過ぎていきます


この感覚は

「歳」なのでしょうか?


まもなく誕生日が

「また」

来てしまいます


心はいつも「小学生」

これも自分

仕方なし・・・


アルコールを飲むことは


免疫に悪い影響を与えているのでしょうか?


こんな疑問を解いてくれる記事がニュースに


私の期待とは裏腹に

結論は「YES」でした


私たちの免疫環境は

およそ次の3段階で構成されています


1)皮膚や粘膜などがバリアとなり、異物の侵入を防ぐ

2)侵入した場合、マクロファージなどの細胞が、病原体を食べる

3)それでも生き残った病原体それぞれに、適した攻撃をする


第一線で活躍してくれている皮膚や粘膜は

アルコール度数が高く喉がチリチリするようなお酒により

傷つくことで病原体を通してしまう原因に


そして

長時間飲みふけることで

第二線で活躍してくれるマクロファージを混乱させ

機能を低下させ

その働きの抑制をしてしまいます


最後の関門でもある攻撃体制も

スパイ役でもある樹状細胞が

アルコールにより鈍るため

いつも通りに働いてくれなくなるとも


免疫に限らず

長時間アルコールを飲むことで

それとともに食べてしまうおつまみなどにより

血流が悪くなることによる弊害も大きく


やはりアルコールの飲みすぎ

特に

・度数の高いアルコールを好んで飲むこと

・長時間だらだらと飲み続けること

・慢性的に飲み続けること

というのは

免疫的に考えても

避けた方が良い飲み方でも


このことは

「陰は陽を、陽は陰を欲す」

という陰陽定理に当てはまります


先の話を聞くと

じゃあお酒は飲んではいけないのか・・・

となってしまいます


「飲むな」

と言われると

「飲みたくなる」

というのが人というものでも


下手に我慢すると

「ストレス」と化し

別な何かでその空白を埋めたくなります


実はアルコールを飲みたくなるには

それなりの理由があるのです


もちろん

理由というよりは

「依存症」になってしまっている場合もありますけれど


アルコールは

陰陽でみると

極まった陰の性質を持ち合わせています


特にアルコールに手が伸びるのは

忙しい仕事が終わった夜や

やらなければならない何かをやり遂げた後

ハードなトレーニングを終えた後や

重労働をした後など


ほっと一息つきたくなるタイミングで

「ちょっと飲みたいな」となることが多いことかと


机に向かってもくもくと作業をしている際に

私たちの脳は

ものすごく考えてくれています

脳にとってものすごく活発に動いている状態

陽が極まった状態とも言えます


またハードなトレーニングや重労働は

体自体が活発に動いている状態

陽が極まっている状態です


陽と陰は互いに引き寄せるため

陽が極まった場合は

極まった陰を欲するのが

陰陽の定理通りの動きとなります


そのため

陰が極まった飲食物に手が伸びてしまうのです

体の陰陽のバランスを取ろうとした行為でも


問題は

調子にのって飲みすぎる場合

「陰陽調和」という言葉があるように

いずれかに偏りすぎても

病気のもととなりますので

両者ほどほどに


できればアルコールを飲みたくなる前に

こまめにリセットできる場合は

breaktimeなどで一息入れてから

再度仕事をするなどで

アルコールに走りすぎない流れを作ることが

大切です


もしもどうしても飲みたい場合は

ほどほどの量とほどほどのおつまみで

アルコール度数がさほど高くない状態のものを適量に


なかなか難しくもあり

肝に銘じたい習慣でも


未来食で老け顔よ、サヨウナラ!

「自分カラダ」トリセツづくり

プログラムの参加者募集を開始しました

https://www.macrobi-yoshin.com/yoshinclass2022practice


このプログラムは

・体が弱く色んなことを諦めてきたけれど、そろそろ自分を労りたい

・実年齢より老けて見える

・肌がボロボロで化粧ののりが悪い日が多くなった

・前日からのスキンケアなしでは肌荒れが発生しやすい

・どんな化粧水を試しても無駄だと感じ始めている

・肌荒れの部位や症状が、若い頃とは異なると感じている

・ダイエットしてみては挫折している


といった悩みをお持ちの方におすすめです


プログラムを終了する頃には


ちょっとした体調不良が悪化する前に

気付いて自分でケアができるように

自分の扱い方が見えてきた!と納得できたり


同僚に「化粧変えた?」と聞かれ

「ふふっ、化粧は変えてないけどね」と

思わず笑みがこぼれたり


「お若いですね!」

なんて思いもよらない一言が

取引先のお客様からもらえたら

「あら、そうですか。お上手ですね!」

なんて切り返す言葉も

準備しておかなければならなくなるかも?しれません


このプログラムは

自分自身の肌と身体と心に

しっかりと向き合っていただきたいので

90分の1回限りのお試しタイムとは異なり

約2ヶ月間を嫌でも私がご一緒させていただきます!


身体が弱くていろんなことを諦めてきたけれど

そろそろ自分の身体を労れるようになりたい!


色んな美容液を試してみたけれど

試すことに労力をかけなくても良い

安定した健康肌を目指したい!


40歳を過ぎたので

最前線でがんばってきた身体と心と肌に

ご褒美ができる自分になりたい!


そんな方にオススメのワークです

→ 詳細はこちら


手始めに学んでみたい方はこちらからどうぞ↓

いつも見られているサロン運営者のための「預診入門」

閲覧数:4回
tako&uonomePR02.png
bihanaPR02.png
yoshinCKPR02.png

無料でもらえるシリーズはこちら

tako&uonomePR02.png
bihanaPR02.png
yoshinCKPR02.png
1_600.png