無料でもらえるシリーズはこちら

2stepsheet_800px.png
口内炎 や 唇の荒れ 習慣 (1).png
yoshinCKPR02.png
bihanaPR02.png
口臭セルフジャッジSHEET02.gif
1_600.png

原因不明の疲労感やイライラは「低血糖症」かも?:No.341


30代以降の脂性肌

(てかり)は


10~20代のと真逆の状態


代謝低下による

皮脂分泌過多=「生活習慣肌」


続きは編集後記で


「シンクロニシティー」「ビブリオマンシー」

聞いたことがありますか?

偶然のような必然のこと


この話をすると

「不思議ちゃん」と思われてしまうかもしれませんけれど

過去の経験から

これが結構

「当たっているな」

と感じることが多々あります


例えそれを信じていない人でも

それを知っている事で

何かしらの気付きが得られるかもしれないなと


その人のことを考えていたら

その人からメッセージが届いたり電話が入ったり

あれが食べたいなと思っていたら

お願いしていないのに

家族がそれを買ってきてくれたり

偶然目にしたツイートの言葉が気になり

調べてみたら現状打破のヒントを得られたり

精神を落ち着かせて開いた本のページ

書かれている事が

現状の自分にしっくりくる言葉だったり


不思議で面白い経験は

他にも色々あります


昔から受講者さまの口から出てきていた

「低血糖症」

なんとなく気になっていたのですが

預診とは少しかけ離れている症状だったので

他を優先し

敢えて触れてきませんでした


最近再びその言葉を聞いたので

なんとなく重い腰をあげて

少し調べてみました


そもそも「低血糖症」とはどんなものなのでしょう?


国立国際医療研究センター

糖尿病情報センターのwebサイトよると


低血糖症とは

血糖値が50mg/dL未満になることによる

特有の症状を指し


血糖値が下がりすぎると

脳などの中枢神経が

エネルギー不足の状態になり

以下のような症状が出始める

と言われています


血糖値が

およそ70mg/dL以下になると

以下のような「交感神経症状」が

あらわれます


・汗をかく

・不安な気持ち

・脈が速くなる

・手や指が震える

・顔色が青白くなる


更に50mg/dL程度まで下がると

以下のような「中枢神経症状」が

あらわれます


・頭痛

・目のかすみ

・集中力の低下

・あくび


交感神経症状が起こらない

「無自覚性低血糖」という場合もあるようで

その場合は以下のような症状に


・自覚症状がない状態で、

60mg/dL程度まで低下している

・血糖値が50mg/dLより低く、

突然重い中枢神経症状があらわれる


50mg/dL以下になると

より深刻な(危険な)

重症低血糖になります


・昏睡状態(意識がない状態)

・けいれん

・異常な行動


------------------------------

低血糖の一般的な原因

------------------------------

・食事の量や炭水化物の不足

・薬を使ったあとの食事時間の遅れ

・運動の量や時間が多い時の運動中、運動後

・空腹での運動

・インスリン注射や飲み薬の量が多かった

・飲酒

・入浴

など


------------------------------

マクロビオティックの食養的な観点でみた

「低血糖症」とは

(参考書籍:THEマクロビオティック

------------------------------

1日に数回甘いものが欲しくなり

特に午後2時~夜にかけて

無性に甘い物を欲する傾向にある


その際にそれらが摂取できないと

・疲労感

・活力や能力の低下

・不眠症

・うつ

・精神真理不安定(感情の起伏が激しい)

重度になってくると

・手足や全身の冷え

・長時間睡眠(昏睡)

になるとも


時間帯における特徴は

午前中は活気があるのに対し

午後は上記症状のとおりで

イライラすることが多く

それを日々繰り返すとも


これにより

生活を共にする家族関係や

仕事を共にする職場の人間関係などに

問題を抱えている人が少なくない

という指摘も


その他の症状として

以下の多数の症状にも

関与しているとも


・赤ら顔

・皮膚炎

・下痢や便秘

・頭痛

・筋肉の麻痺

・不整脈

・アレルギー

・全身震え

・興奮症

・神経質

・自殺志向

・自閉症

・リウマチ

・貧血

など


------------------------------

食養的な原因

------------------------------

甘い物の過剰摂取ではなく

意外にも以下のような食品の過剰により

陥ると言われています


■強力な動物性食品

・卵

・肉類(鶏肉・牛肉・豚肉、植物油などでソテーした肉類)

・乳製品(チーズ・バターでソテーした肉類)

・魚介類(エビ、蟹、ホタテ、鮭・ツナなど)


■焼しめた小麦製品


上記食品の摂取により

以下のような食品を好む傾向にあるとも


茄子科野菜熱帯野菜などが美味しく感じる

果物スパイスワインやビールや緑茶などの刺激性・拡散性の高い飲料がやめられない

塩やミネラルの多い食品や、塩味の効いたナッツ(木の実)などを好む


特に強力な動物性食品は

血糖値の調整を担っている

ホルモン分泌に欠かせない

「膵臓」を硬化させることで

低血糖を引き起こしている可能性が


後者の極陰な飲食物(アルコールや茄子科の食材)は

硬化した膵臓を一時的に緩めてくれる飲食物

そのためそれらを

大量に摂取しがちになるのだとか


夜遅い時間帯に食べる行為

膵臓を酷使する原因=低血糖症に陥る原因でも


調べれば調べるほどに

自分も当てはまるのではないか?というフシがあり

それらに陥る前に気付いて調整しなさいと

見えない誰かに言われているような

そんな気すらいたします


変に神経質だったり

感情の浮き沈みが激しいと感じていたり

上記のような食材を

好んで飲食している場合は

低血糖症になっていないか?

疑ってみる必要がありそうです


この際の食選は

陰陽両極端の食事を

続けてきた人向けのものとなります


編集後記

30代後半の私の顔は

かなりのテカりが

Tゾーンや頬のあたりが特に


それとは逆に

顎のあたりや眉間など

乾燥が気になる部位もあり


それらにより

化粧の乗りが悪い事が

気になってはいましたが

さほど気にしていませんでした


これらが

代謝低下による

皮脂過剰のあらわれだったと知ったのは

望診を学んだあとのこと


もっと早くしっておけば

大腸ポリープができずに過ごせたかもしれません


大腸ポリープは単なるポリープですが

されどポリープ

チリも積もれば山となるで

生活習慣病とは

このようなちょっとした不調を

見逃したまま過ごした結果でも


病気になる前に

気付けてリセットする!


そんな健康習慣は

人生100年時代で

健康寿命をなるべく伸ばすために

欠かせない習慣でも


気軽に預診を体験してみよう!

顔に増えたシミやそばかす、ホクロなど

気になる症状がある

預診に興味はあるけれど

イマイチ良くわからないという方のための


もっと話を聞いて欲しい

というご要望がありましたので

当初の2倍、60分に延長いたしました!

その代わり参加費用も

1000円UPさせていただきます(3,000円です)


60分のオンラインワークショップ(8/28日10:30~)

https://www.macrobi-yoshin.com/facecheckingworkshop

自顔Checkワークショップを受けると

・毎朝の顔の見方が変わります

・顔と臓器の関係がおおまかにわかります

・自分の体調の変化を、なんとなく気付いてあげられるようになります

・自分の体を労る習慣を持てるようになるかもしれません


過去に預診タイムを受けた方の復習用としてのご参加もどうぞ

(預診タイム受講者さまは、1000円割引きとさせていただきます)

お友達と一緒にご参加も可能です

あなたのご参加

心よりお待ちしております♥



閲覧数:39回