食べても食べてもまだ足りない!それは胃もたれ注意報

header05.png

季節の変わり目に弱りがちな「胃と膵臓」について身体のCheckしたい部位や、気を付けるべき症状、それらをフォローしてくれる「食」について学びます。動画講座形式で、ご希望であれば、Zoomにて40分、有料預診相談オプションも追加いただけます。

食べても食べてもまだ足りない!それは胃弱のサインです

食べることが好きですか?

世の中には

食べることに興味がない

できれば食べない方が調子が良い

と思っている方も

少なからずいらっしゃいます

食べることが好きで

食べても食べてもまだ足りない

そう感じてしまう人は

胃が弱っている

またまたは胃が異常な状態の

可能性が

おやつが待ち遠しかったり

スイーツなどの甘い物が大好きだったり

これらの原因には

胃が正常に働いていないため

食品の消化が上手に行われず

そのため

いくら食べても

まだ足りないと感じてしまい

どんどん食べてしまうという傾向に

陥っている証拠でも

大抵食べすぎた後は

胃もたれなどを起こし

​気持ちが悪くなります

食べすぎることは

胃を酷使することでもあり

胃を酷使することで

対の臓器でもある膵臓にも

ダメージを与えかねません

昨今、一般的に恐れられているガンに

「膵臓ガン」があります

胃を酷使することで

これも招きかねません

 

甘い物は胃をフォローする?

確かに

東洋医学的な観点から診ると

胃や膵臓にアクセルを踏んでくれる味は

甘味と言われています

砂糖や果糖などの甘味は

シミの原因にもなる他

胃や膵臓を酷使する元に

ここで言う「甘味」とは

そのままだとあまり甘味を感じない

穀物の甘味を指しています

米などに含まれる

デンプン質は

咀嚼することで

唾液の酵素と混じり合い

分解することで

胃腸などの消化器官に入る前の段階で

ある程度消化されます

本来甘味をあまり感じられない

全粒穀物などのデンプンから分解した糖質が

私たちの胃や膵臓には

喜ばれる甘味なのです

ちなみに胃や膵臓の弱りは

顔の他にも

足の指にも表れやすく

​下の図をご参照ください

2474495.png
03.png

​甘味を引き出すのは良い塩梅に

これを証明してくれるのが

食養で良く作るお料理たち

玉ねぎや人参

大根やきのこ類も

一つまみのお塩を入れて

調理することで

野菜自体の甘味が際立ちます

スープも同様で

甘味料を何一つ入れていなくても

一つまみの塩で丁寧に炒めた

キノコ類や玉ねぎの

優しい甘味をベースにすることで

ほんのり甘いスープを作ることができます

この手のスープは

食養の世界を知らない家族からも

好評な一品でも

特に胃が弱っている場合は

よく食べすぎる傾向にあるため

どのような食事を作るのか?

何よりも胃を労わる食材や調理法や食べ方が

あなたにとって大切な選択に

あなた自身の身体のことを知ったうえで
あなたにとってベストな選択をすること
そこにこそ拘る価値があります

胃から膵臓へ

気付かないうちに

そのダメージが

対の臓器へ

行き届かないためにも

 

この智恵が
あなたの人生の
糧となりますように

通常10,000円の受講料が
今なら7,980円で受講いただけます!

この機会をお見逃しなく

【預診らぼ】は

心身共に元氣なことが当たり前の世の中にをモットーに活動しております。

サバイバルな未来に、温故知新で命をつなぐ活動を邁進して参ります。

受講者さまの声(預診タイム 開催数125回突破!受講者数269人突破!2020年10月現在)

平松さま感想Youtube.png
アンケート8.jpg
30代女性片山様.png
20代東野江那様.png
アンケート12.jpg
アンケート11.jpg
アンケート9.jpg

ストアカでの受講者さまからのレビューのキャプチャも、以下にご紹介させていただきます!

2020-12-09_15h34_40.png
2020-12-09_16h11_05.png
2020-12-09_16h11_42.png
2020-12-09_16h11_23.png
2020-12-09_16h10_50.png
2020-12-09_16h12_08.png
2020-12-09_16h10_34.png
2020-12-09_16h10_17.png
2020-12-09_16h09_32.png
2020-12-09_16h09_58.png
15167995110700.jpg

大腸ポリープができた際に、「体質改善」を決意したことがきっかけで、玄米菜食のマクロビオティックな食養に出会う。そこで習得した「望診(身体の末端の状態から、内臓の調子を推測するもの)」を、同じような体調不良を抱えている方に、伝授すべく、活動しております。(講師:青木)

  • どんなことを学ぶの?
    「胃と膵臓」について、身体のCheckしたい部位や、気を付けるべき症状、それらをフォローしてくれる「食」について学びます。動画講座形式の講座ですから、あなたが学びたいタイミングで、何度でも、学ぶことが可能です。

     

  • 受講形式は?
    動画講座形式ですので、お好きな時間に、何度でも、受講いただけます。

     

  • 受講料:10,000円 → 7,980円
     

  • 支払方法:paypal
    銀行振込、郵貯銀行でのお支払い希望の場合は、お手数をおかけいたしますが、お問合せフォームよりご相談ください。その場合の、振込手数料は受講者さまのご負担とさせていただきます。
    また、お支払い確認後に、動画講座のコンテンツ情報を、お渡しさせていただきます。

     

  • オプションのご紹介:有料預診Zoom相談40分(5,000円)
    ご希望の場合は、お申込みフォームで「オプション(有料預診Zoom相談)」をお選びください。
    Zoom相談開催日時は、お申込み後に個別にご調整させていただきます。

     

  • キャンセルポリシー
    基本的に、「動画コンテンツのご案内」メッセージ配信後のキャンセルは、承っておりません。受講後のキャンセルも承っておりません。ご容赦願います。

     

  • ご注意ください!
    こちらの講座は、自分自身を自己checkする、ご自身の顔などの状態から、ご自身の体内不調をある程度まで、ご自身で気づけるようになるための、講座となります。
    ご自身の体の状態がどうなっているのか?「誰かに診てもらいたい」という場合は、せっかくご興味をお持ちいただいたのに大変恐縮ですが、こちらの講座ではなく、医師などに直接ご相談願います。

▼ お申込みフォームはこちら ▼

(お申込み後、数営業日以内に、こちらからメッセージをお送りいたします)

 
arrow&v
お支払いはpaypalのみ受け付けしております
arrow&v