【Type2】ムチムチ固太型

生まれ持った&幼少期の環境による「体質」は、

陽性寄りの固太りタイプです。

人間の一生の体質の動きからみると、

幼児期(1 ~6 歳頃)の体質と同じです。

バイタリティーがある「なんでも任せなさい!」といった感じの、

面倒見の良い「できる嫁」的な存在の方も多いのでは?

食べる事が大好きな場合が多く、お肉やお魚、

乳製品などの動物性食品を多く摂取している関係で、塩分も過剰気味。

暴飲暴食に陥りやすく、野菜不足の傾向も強い可能性が高いです。

心筋梗塞などの循環器系の病気や、

肝臓や腎臓の炎症、

子宮や大腸などのガンなどにも注意が必要です。

その時の体調の陰陽により対策も変わりますが、

沢山摂取してきた動物性食品を控え、

玄米ご飯に麦を混ぜて炊くなど、

少し陰性を入れた玄米ご飯の方が美味しく感じるはずです。

動物性食品を沢山摂取してきた方が多いため、

酢飯や野菜入りのお粥やうどん、

冷麦、そうめんなどの麺類もオススメ。

陰性寄りの野菜や、スパイスが沢山入っているカレーなども、

このタイプには、美味しく感じるため、

キノコ類や野菜を沢山入れたスープやカレーも。
定期的に塩断ちをすることも。

しっかり学びたい方のための預診講座_img.png

身体の末端にあらわれる症状から、
自分の弱っている臓器を推測し、
食を絡めて対処することで、
長引きがちだった体調不良の期間短縮や、
いつの間にか進行していく生活習慣病を
未然に防ぐことができるかもしれません。

【預診講座】は、
未病のうちに身体をリセットすべく、
身体の末端にあらわれるホクロ・シミ・ニキビ・シワ・毛穴の開き・肌の色の変化などから、
弱っている臓器を推測し、じゃあどうするか?を食を絡めて学ぶ座学です。

→ 詳細を見る