【Type3】プヨプヨ水太り型

生まれ持った&幼少期の環境による「体質」は、

陰性寄りの水太りタイプです。

人間の一生の体質の動きからみると、

青少年期(7~20歳頃)の体質と同じです。

ゆっくり動くタイプで、控えめで大人しい人が多く、

野菜や果物、水分や脂肪や糖分が摂取過剰な傾向に。

陰性寄りの乳がんや心臓肥大、

陰性の下痢や便秘などに注意が必要です。

その時の体調の陰陽により対策も変わりますが、

陰性食品(生野菜・果物・甘い物・脂肪の多い物)を控えるとともに、

加熱時間が長めの煮込み料理や、

圧力鍋で炊いた玄米ご飯、

粒が小さくて陽性寄りの雑穀を混ぜた玄米ご飯、

焼きおにぎりや炒飯、蕎麦、

きんぴらごぼう、葛料理などがオススメです。

カリウムに対して、ナトリウムが不足がちのため、

塩気をやや多めに使い、

飲み物なども、今までより、量と回数を控えましょう。

しっかり学びたい方のための預診講座_img.png

身体の末端にあらわれる症状から、
自分の弱っている臓器を推測し、
食を絡めて対処することで、
長引きがちだった体調不良の期間短縮や、
いつの間にか進行していく生活習慣病を
未然に防ぐことができるかもしれません。

【預診講座】は、
未病のうちに身体をリセットすべく、
身体の末端にあらわれるホクロ・シミ・ニキビ・シワ・毛穴の開き・肌の色の変化などから、
弱っている臓器を推測し、じゃあどうするか?を食を絡めて学ぶ座学です。

→ 詳細を見る