【Type4】ヒョロヒョロ虚弱型

生まれ持った&幼少期の環境による「体質」は、

陰性寄りの虚弱タイプです。

 

人間の一生の体質の動きからみると、

老年期(55歳以上)の体質と同じです。

体力や気力が他の人と比べて少なく、

いくら食べても消化吸収が悪く、血圧や体温も低い傾向にあります。

声が小さかったり、消極的な面もあるため、

覇気がないと思われがちに。

貧血や肺・甲状腺・咽頭などのガン、

白血病や結核、肺炎、陰性寄りの便秘などに注意が必要です。

食べ物による反応が大きいため、

その時の体調の陰陽もチェックしつつ、

胃腸が弱くても栄養吸収しやすい食べ物を摂取すると良いでしょう。

 

玄米のお粥や玄米クリーム、葛練りや、煮込みうどん、

野菜は陽性寄りの根菜などを圧力ではなく、

時間をかけてつくるものがオススメ。

 

ゴボウの梅煮や、ネギ味噌、胡麻豆腐、カボチャの料理などもオススメ。

しっかり学びたい方のための預診講座_img.png

身体の末端にあらわれる症状から、
自分の弱っている臓器を推測し、
食を絡めて対処することで、
長引きがちだった体調不良の期間短縮や、
いつの間にか進行していく生活習慣病を
未然に防ぐことができるかもしれません。

【預診講座】は、
未病のうちに身体をリセットすべく、
身体の末端にあらわれるホクロ・シミ・ニキビ・シワ・毛穴の開き・肌の色の変化などから、
弱っている臓器を推測し、じゃあどうするか?を食を絡めて学ぶ座学です。

→ 詳細を見る

© 2018 預診らぼ

  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円