北極クジラが教えてくれた?究極のお食事プログラム:No.324


地球上で最も寿命が長い哺乳類は?

答えは「北極クジラ」


推定年齢はなんと213歳

超長生きですね!


長寿とは言いますが

実はとても生き残りにくいクジラでも

シャチに食べられたり

重い氷の下に閉じ込められて

凍死すらしてしまうケースも


そしてこのクジラには

口の中にお髭はあれど

「歯」がないらしく


通常動物の年齢を推定するのに

歯を見るため

歯がない北極クジラは

年齢がわからなかったようですが


クジラの目の水晶体に含まれる

アミノ酸の変化を調べることで

年齢を推定できたようです


哺乳類の中でも

クジラやイルカは

現代人のように癌で死ぬことがほぼなく


癌にならずにここまで長寿な理由は

何なのでしょう?


書籍SWITCHでは

その理由が

北極クジラ独特の「食事プログラム」にある

と解いています


北極クジラの住む環境は

夏は餌が十分に確保できますが

冬はその環境が暗くて寒いため

餌がほぼ確保できません


北極クジラは半強制的に

冬の間

極端なカロリー制限状態になることで

夏の間に食べた餌により

身体に蓄えておいた

「脂肪」を分解して作り出したケトン体と

オートファジーを利用して

エネルギーを作り出し

生き延びています


1年のうち

9ヶ月はオートファジーを使い

残りの3ヶ月だけそれをオフにする

そんな「年間食事プログラム」が

成立しているのです


人間の体も

今回の北極クジラと同様に

もしも飢餓に陥ったら?という

生命の危機管理システムが備わっています


いざというときのために

日頃から摂取している「脂肪」を蓄えておく

体内システムが構築されています


これは人類が生きてきた中で

飽食よりも飢餓に陥るタイミングが

多かったことによる

人類が生存するのに必要な

進化の賜物でも


ところが現代は

自分たちが食べる物を

作る技術「農」が発展したことで

人類が未だかつて経験したことのない

飽食の時代に


私(たち)は、食べ過ぎています


これにより

飢餓になった際に使うはずだった

蓄えておいた脂肪などの栄養成分が

使われることなく月日が経つことで

やがてそれらが体内に要らない毒素

「老廃物」として

蓄積する時代に突入しました


今回の参考書籍でもあるSWITCHも

断食道場の師匠も

口を揃えて言っているのは

「食べない期間をスケジューリングする」ということ


食べるべきものの基準は

それぞれ異なりますけれど

両者の共通点はここにあり


6月21日は夏至

2022年の折り返し地点でも

残すところ後半年となりましたね

これを機会に

後半の6ヶ月に

食べない or 半断食 のスケジュールを

組んでみてはいかがでしょう?


編集後記

日本に住んでいると

日本に住んでいながら

世界のメニューを

楽しむことができると言えるくらい

外食産業が栄えています


それは長所でもあり短所でも


そう、誘惑が多すぎます


断食や半断食をスケジュールしても

ふと目に留まったお店で

お茶をしてしまった・・・など

自分の中にわいてくる誘惑に

如何にして負けないかが

大きな課題でも


我慢しすぎず

でも我慢すべきタイミングで

我慢できる

そんな1つ1つの選択が

自分自身を

中から強くしてくれますね

 

「素足美人」入門講座の受講者さんから、感想いただきました!


足裏に無頓着でしたが

受講してどこが不調なのか弱っているのかが分かり、

マッサージの大切さを感じました

平日は軽めにマッサージをして

痛いところを把握して

休みの日に念入りに

痛いところや硬いところを

ケアしていこうと思います!


タコや魚の目

足指の変化が気になる方のための

▼「素足美人」入門講座

https://www.macrobi-yoshin.com/takouonome-mystory



閲覧数:7回

無料でもらえるシリーズはこちら

tako&uonomePR02.png
bihanaPR02.png
yoshinCKPR02.png
1_600.png
口臭セルフジャッジSHEET02.gif
bihanaPR02.png
口臭セルフジャッジSHEET02.gif
tako&uonomePR02.png
yoshinCKPR02.png