無料でもらえるシリーズはこちら

2stepsheet_800px.png
口内炎 や 唇の荒れ 習慣 (1).png
yoshinCKPR02.png
bihanaPR02.png
口臭セルフジャッジSHEET02.gif
1_600.png

乾燥が気になる部位1位は手!3つのやらない宣言_No.278

更新日:2月15日

https://www.macrobi-yoshin.com/bihanachecksheet?bl278

冬になると

家事などの水仕事後に

手指のかさつきが気になることも多く


みなさんは

どんな対策をとられていますか?


私は

「ワセリン」というクリームを

常備するようにしています


流行りのハンドクリームより

少しべたつきますけれど

医療業界でも

肌の乾燥時に塗布するクリームとして

使われているもの


20~30代の頃はまだ

常識を疑う眼を

持ち合わせていなかったので

流行りものや

香りの良いクリームなどを

その時の気分で購入

買って試すという事を

繰り返していました


2021年12月に実施したアンケートによると

(対象:MyVoiceアンケートモニター9953人)

乾燥を感じる肌の部位の

1位は「手」36.8%

2位は「くちびる」で33.2%

3位は「かかと、足の裏」で33.0%

その他は

足のすね

口のまわり

頬など


2018年調査と比べ

「手」という回答が増加したよう


これはおそらく

コロナで手洗いや消毒の習慣化による

影響も大きいのかなと


その対策として

男女ともに多い意見は

「スキンケア用品の使用」とも


その他の対策として

水分をとる

睡眠を十分とる

薬を服用する・塗る

肌の乾燥に効果のある化粧品の使用

紫外線対策

などが挙げられているようです


実は

そんな一般常識とは

全く異なる見解も


”日本女性の4人に3人が乾燥肌で

3人に1人が敏感肌

だと言われています


このような不健康な肌の女性が

なぜこれほどまでに多くなったのか?


いろんな要因はありますが、

あまりに化粧品に依存しすぎた

スキンケアが最大の原因だと

私は思います”


この書籍を書いたのは

アンチエイジング専門施設を創設した

美容形成外科医でもある宇津木先生

(肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法 より引用)


男性もお化粧をする時代となりましたので

この話題は既に

男女の境目のないものでも


手洗い洗剤や

化粧品に共通しているのは

「界面活性剤」などの成分


この共通の含有成分が

肌のバリアを壊して刺激しているようで


これらの使用を止めることで

洗顔後の肌のつっぱりや

余計な炎症が少なくなり

年々肌が綺麗になるとも


書籍の中では

やけどの皮膚再生治療から生まれ

沢山の肌を救ってきた

「つけない・こすらない・洗いすぎない」

の基本を強くすすめています


ちなみに「くちびる」の乾燥は

預診的観点からすると

消化器官(胃・小腸・大腸)が

熱を持ちすぎている状態により

発症していると診ます


その場合

・食べ過ぎていないか?

必要であれば1食抜いてみる


・加工食品(酸化食品)を避け

野菜や穀物を自炊して食べること


をおすすめしています


肘や膝のカサカサも

関係臓器や過剰摂取している食品が

なんとなく見えてくるものでも


何にせよ

常識を鵜呑みにせずに

どうしてこうなったのか?

本質を問いかける姿勢を

忘れずにいたいものでも


・鏡の前の3分間で、自分の美鼻(健康)具合を確認

・毛穴の開きやできもの(ニキビ・シミ・ホクロ・イボ)の豆知識

・外側からの美肌ケアをやらない方法

・鼻の形による性格診断(傾向)

をCheckします


あなたの

「鼻」を見る目が

変わることでしょう


「必ずこうだ!」というものではありませんが

あなたや大切なご家族の

美容と健康管理に

お役立てください


以下の画像をクリック↓




閲覧数:42回
bihanaPR02.png
口臭セルフジャッジSHEET02.gif
tako&uonomePR02.png
yoshinCKPR02.png