無料でもらえるシリーズはこちら

2stepsheet_800px.png
口内炎 や 唇の荒れ 習慣 (1).png
yoshinCKPR02.png
bihanaPR02.png
口臭セルフジャッジSHEET02.gif
1_600.png

よしん通信|目の病から遠ざける3つの習慣:No.338

更新日:10月8日


ひまわりの色

黄色やオレンジは

陰陽で見ると

陽寄りの色に


茎や葉の部分の緑色は

中庸(真ん中)の色


ひまわりの花の色は

夏らしい陽寄りの色でも


緑内障に「緑」という色があるのは

緑内障の人の目を

他の人が見たときに

青緑色に見えるからではないかと

言われています


陰陽で見ると

とてもバランスの良い色ですけれど

人間にとってのこの自然界の色は

顔色と同様に

何かしらの「異常」をあらわしている色でも


前回に引き続き「緑内障」について

お伝えいたしますね

(参考書籍:緑内障自分で治す最強事典


前回のメルマガでは

日本人の緑内障の殆どが

高眼圧による視神経の損傷から発症している

欧米の緑内障と異なり

眼圧が正常値にも関わらず

発症しているパターンが多いこと


残念ながら

その原因は定かではなく

目に多くある「毛細血管」の

血液停滞による酸素と栄養不足で

視神経に損傷を加えている可能性と

アジア人の視神経が

弱い傾向にあるのではないか?

という点が挙げられていました


その点から

目の上に温かくしたタオルをあてがう

ホットパックなどが

予防策として有効そうだということも

お伝えしました


参考書籍では

複数名の眼に携わる医師たちの

それぞれの見解が沢山挙げられています

「緑内障」の不安が過る方はぜひ

書籍を手に取っていただくこと

オススメいたします(緑内障自分で治す最強事典


書籍では嬉しいことに

食養でも取り上げられている食材ややり方が

医師からも推奨され

共通点が多く見受けられたので

以下にいくつかご紹介させていただきますね!


------------------------------

少食(朝食抜き)

------------------------------

少食にすること

取り入れやすいのは朝食を抜くことから

少食の効果は主に3つ

  1. 目の修復機能の高まり

  2. 老化の抑制

  3. 血液と血管を綺麗に保つ

寝ている間に傷ついた細胞を

修復してくれるなどの役割を持つのが

「ホルモン」


少食にすることで

消化器官に血液が集中する期間が減り

それによって

細胞修復や炎症を抑える役割を担う

  • 成長ホルモン

  • 甲状腺ホルモン

  • 副腎皮質ホルモン

などの分泌が促進される

これにより目の修復機能も高まるのではないか

老人性白内障の動物実験では

少食が抑制効果をもたらしたという結果も

発表されているらしく


消火活動そのものが

食べる物にもよりますが

大量の活性酸素が発生する活動でも

少食にすることで

活性酸素の発生が食い止められ

血液が全身に循環しやすい

体内環境に持ち込むことができるとも


目は脳の23倍もの血液が流れています

血液は網膜にある

無数の毛細血管により

栄養素と酸素が目の中の

視神経を含む細胞にも

運ばれています


少食にすることで

血液をさらさらに

血液と血管を綺麗に保つことは

目の病気の予防・改善にとって

重要なポイントでも


------------------------------

現代人に不足しているミネラルを意識する

------------------------------

目の病気を引き起こす

可能性がある生活習慣は


  • 過食気味の人

  • 脂っこい食品が好きな人

  • 味の濃い食品が好きな人

  • 砂糖(甘い物)が好きな人

  • 乳製品をよく摂取する人

  • カフェイン飲料などを摂りすぎている人

これらの傾向にある人で

且つ運動不足の人

全身の血液循環が悪くなっている可能性が高く


それにより目の病気も

引き起こしやすい体内環境に


これらの傾向がある人は

眼底検査で

目の奥の毛細血管の

血流の滞りが見られるケースが多いようです


少食にしたり

血液の質を向上するために

オススメなのが

天然のミネラル入りのスープ


「天然だし」からつくった

スープがベストなのだとか

食養などでもオススメしている

天然だしの味噌汁が日々の

大事なミネラル源に


とは言え

暑い最中は味噌汁自体

飲みたいという気持ちにならない日も多く

味噌を加えなくても


天然だしのミネラル豊富なスープを元に

冷製ポタージュや

モロヘイヤスープなど

基本的なだしの作り方さえ

マスターしていれば

応用スープは無限に広がります


液体でもあるスープは

食欲がない時でも口にしやすく

且つ少量で満腹感に陥るため

過食しすぎる

甘い物に手が伸びる

という人にとって

それらの行動をある程度制御できるメニューです


天然だしは

作り置きしたものを瓶などに入れ

冷蔵庫で数日にかけて

使うという方法も


顆粒のお出しや

化学調味料てんこ盛りの顆粒スープは

一見美味しく感じさせられますけれど

天然ミネラルの乏しい

体内酸化(炎症)を促す食品でも


手間暇はかかってしまいますけれど

だしをつくる事の大切さを

わかった上でだしから作る

おいしさを味わっていただきたいものです


------------------------------

葉野菜の力を借りる(ハーバード大学の研究結果)

------------------------------

ハーバード大学の研究結果によると

キャベツなどの葉野菜に含まれる

硝酸塩:しょうさんえんが

体内で血管拡張作用のあるNO:エヌオーに

変化することで

緑内障治療に役立つ可能性があると

注目されているようです


農薬使用の関係もあるため

その害を減らすべく

生ではなく火を通した状態で

摂取することをオススメしています


キャベツは食養でも

外からのお手当として微熱を冷ましたり

動物性食品の消化を促す食材として

肉料理などと一緒に摂取することを

オススメしているものでも


千切りキャベツを塩でもんで容器に詰め

糠漬けなどのあまり汁(乳酸菌を含む汁)を加え

冷蔵庫に1日以上置いたものを

浅漬け代わりに食べるのも

良いでしょう


その他に書籍では

足のむくみとの関係や

目の病に良い「ツボ」など

後半では東洋医学的な観点からみた

緑内障について書かれていて面白く


いずれにせよ

食生活を含む生活習慣により

これらの病を引き寄せているという結論に


少しでも兆候がある方は特に

これらの事を意識して過ごされることを

オススメいたします(私もしかりなお話でした)

 

編集後記

近所の公園(名前は公園ですが小さい山のような公園)に

秩父で有名な三峰神社を発見しまして

早速参拝して参りました


神社は秩父の三峰神社と同様に

森の中の小高いところにひっそりと

規模はかなり小さい神社ですが

秩父と同様に

自然のエネルギーが溢れる

スポットでもあり

故郷の稲荷神社を

思い出させる神社でも


休みの日くらいは

この神社に通ってみようかしらと

思った昨今です


写真は公園に立てかけてあった

「どんぐり」の資料



どんぐり1つとっても

こんなに沢山の種類があったとは

この歳になってもまだ

知らないことの多さに

無知を知らされました


気軽に預診を体験してみよう!

顔に増えたシミやそばかす、ホクロなど

気になる症状がある

預診に興味はあるけれど

イマイチ良くわからないという方のための

60分のオンラインワークショップ

自顔Checkワークショップ開催のご案内


ワークショップを受けると

  • 毎朝の顔の見方が変わります

  • 顔と臓器の関係がおおまかにわかります

  • 自分の体調の変化を、なんとなく気付いてあげられるようになります

  • 自分の体を労る習慣を持てるようになるかもしれません

お友達と一緒にご参加も可能です!

あなたのご参加、心よりお待ちしております♥


閲覧数:42回
bihanaPR02.png
口臭セルフジャッジSHEET02.gif
tako&uonomePR02.png
yoshinCKPR02.png